褐炭露天掘り鉱山 (1957) 消印あり

¥320

カテゴリー: ,

説明

東ドイツでは産業用のエネルギー源として主に褐炭が使われました。褐炭が多く埋蔵しているラウジッツ地方では大規模な採掘が行われていましたが、ドイツ再統一後、多くの露天掘り場は閉鎖されましたが、現在、ミュージアムになっている場所もあり、採掘が行われていた当時の様子について知ることができます。また、露天掘り場の跡地を緑化し、リゾートとして開発する試みも行われています。

管理人の姉妹サイト「まにあっくドイツ観光」に大規模なオープンエアミュージアムについての記事を掲載しています。

全長502mのコンベアを歩いて渡れる褐炭採掘場オープンエアミュージアム、F60